page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
(スタッフDIARY) ご機嫌な教室
1453027260369.jpg
お子さまたちが新しい生活になって早くも半月が過ぎました
楽しく通園・通学されていますか

今朝の新聞に興味深い記事が掲載されていましたのでちょっとご紹介
評論家 荻上チキさんの『学びを語る』です。

教室にどのくらいのストレスの要因があるかで、いじめの発生確率は異なるという説が最近語られているそうです。
それには、大きく先生の振る舞いが関わっていると記事には書かれています。
そして、いじめが起きやすい「不機嫌な教室」からストレス要因を取り払い「ご機嫌な教室」に変えるのが大事という内容です。

もちろん、先生の振る舞いは大きく影響していると思いますが、この記事を読んで家庭でも「不機嫌」を「ご機嫌」に変える努力は必要なのではと考えさせられました
子どもが不機嫌なまま登校すれば、それは「不機嫌な教室」にそのまま反映されてしまいます

さて、話はかわりますが私が子育て支援のお手伝いを非力ながらさせていただいているところでよくママさんたちにご紹介する本があります
BOOK.jpg

齋藤孝先生の『上機嫌の作法』です。
詳しい内容はまたの機会にさせていただきますが、不機嫌がもたらすマイナスなこと。上機嫌がもたらす大切なことが書かれていて子育てにもとても役に立つ内容です

新聞記事でもこちらの本でも、『上機嫌』でいることはとても重要だとわかります。
家族が『上機嫌』でいる。
⇒それは子どもたちをとりまく教育の場にも良い影響をもたらす。
とうことをちょこっと心にとめておくといいのかもしれませんね






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© Ohana. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。